佐賀県で新たに213人が感染 1カ月ぶり200人超え

 佐賀県は22日、213人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。1日当たりの感染者数が200人を超えるのは5月26日以来、約1カ月ぶり。病床使用率は9・1%、宿泊療養施設の使用率は14・0%、自宅療養は1120人。中等症が7人いる。22日の年代別感染者は、10代47人、10歳未満40人、30代37人の順に多かった。

 22日にあった県の対策本部会議では、子どもの社会体育活動でオミクロン株派生型「BA・5」が拡大した事例が報告された。体育館の窓や扉を閉めるなど換気が不十分な状態だったとして、県は「室内競技では換気を徹底してほしい」と呼びかけている。

 九州電力は、玄海原発(玄海町)で働く請負会社社員5人の感染を明らかにした。 (北島剛)

佐賀県の天気予報

PR

PR