「ダイエット食品」から未承認成分 北九州市で健康被害

 北九州市は22日、ダイエット効果をうたうゼリー状の食品「Detoxeret ゼリー」を食べた市内の女性がめまいなどの症状を訴え、この食品を検査したところ、国内で承認されていない医薬品成分を検出したと発表した。千葉や埼玉などでも同様の健康被害の訴えが相次いでいるという。女性は交流サイト(SNS)を通...

残り 354文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR