聞こえない人の、豪雨への備えは?「久留米市ろうあ協」初の勉強会

 聞こえない人の情報格差解消は、まず近所付き合いから-。頻発する豪雨災害に備えようと、福岡県の「久留米市ろうあ協会」は災害時の勉強会を初めて開催した。夜中の豪雨に気付きにくいなど、聴覚障害者特有の「情報のバリアー」や課題を浮き彫りにし、身を守る行動を意識付けするのが狙い。久留米手話の会に所属する手話...

残り 1839文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

PR

PR