アサヒビール新工場は鳥栖に 面積は博多工場の2倍以上、2026年稼働

 アサヒビールは23日、博多工場(福岡市)の移転先として新たに稼働する新九州工場(仮称)の建設地を、佐賀県鳥栖市に決めたと発表した。同日午前、同市側に土地の譲渡契約を申し込んだ。博多工場の稼働は2025年末に終える。

 同社によると、新工場の建設地は、JR鹿児島線肥前旭駅に近い産業団地で、面積は博多工場の2倍以上の約27万平方メートルに拡大する。26年に操業を開始し、ビールや酎ハイに加え、ジュースやお茶といったノンアルコール飲料も製造する。佐賀県の山口祥義知事は「未来に向け、さまざまなコラボで多くの感動を生み出したい」とコメントした。

 1921年に操業開始した博多工場は、同社の国内ビール工場で2番目に古く、地元住民に親しまれてきた。新型コロナウイルス禍前までは、韓国と中国などの観光客も多く訪れた。博多工場の従業員約120人は、主に新工場に配置転換する。同社は「長い期間、福岡でビール類を製造させていただき地元の皆さまに感謝している」としている。 (取材班)

福岡県の天気予報

PR

PR