志賀島で26日に福岡トライアスロン 選手迎えるモザイクアート、九産大生ら制作

 福岡市東区志賀島の周回コースで健脚を競う「福岡トライアスロン2022」が26日開かれる。新型コロナウイルス感染拡大による中断を経て3年ぶりの開催。地域住民や医療関係者、経済団体などが実行委員会に加わり、学生や障害者を含めた約300人のボランティアが支える。

 2017年に始まった大会はスタッフに医療従事者が多く、19年からは障害者ボランティアも参加。...

残り 365文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR