油木ダム貯水率10%に低下なら…行橋市、水道減圧15%に強化

 福岡県行橋市は23日、渇水対策本部会議を開き、主な水源の県営油木ダム(添田町)の貯水率が10%程度まで低下した場合、水道の減圧を現行の10%から15%に強化する方針を決めた。小中学校のプール授業見合わせも継続する。ダム貯水率は21日の雨で13%台から15・8%(23日午前0時)にやや回復したが、今後も降雨予報は少ないため、貯水率低下が進むとみて事前に対応を決めた。...

残り 217文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR