長崎、熊本、鹿児島の車掌業務を廃止へ JR九州が合理化検討

 JR九州が長崎、熊本、鹿児島各県の在来線で車掌業務の廃止を検討していることが分かった。鉄道事業の黒字化に向けた経営合理化の一環。西九州新幹線が開業する9月23日に実施する秋のダイヤ改正に合わせて運用を始める計画で、労働組合と協議を進めている。

 列車に運転士のみが乗車する「ワンマン運転」の車両を3県で拡大する方針。...

残り 258文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR