広大な土地に水、物流…アサヒ鳥栖新工場の決め手

 アサヒビールが新工場の建設地に佐賀県鳥栖市を選んだ。人口減少や新型コロナウイルス禍に伴う市場環境の変化で国内工場の再編を迫られる中、2026年の操業開始に向けて土地や水の確保が間に合う点や、交通の要衝で物流が効率化される点などを重視した。

 今年2月に博多工場(福岡市)の閉鎖を発表した同社。...

残り 734文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR