ハザードマップ計81カ所に誤り 県、土砂災害警戒区域など記載漏れ

 長崎県は23日、県が指定した土砂災害特別警戒区域が抜ける落ちるなどシステム上のミスがあり、県内の4市が作成したハザードマップの計81カ所に誤りがあったと発表した。それに伴い固定資産税や不動産取得税の算出に影響が出たという。

 マップの誤りがあったのは、佐世保市39カ所、南島原市36カ所、長崎市5カ所、...

残り 248文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR