アサヒ新工場は鳥栖に建設へ 26年稼働、生産能力1.3倍に

 アサヒビール(東京)は23日、2025年末に操業を終える博多工場(福岡市)の移転先として、佐賀県鳥栖市に新九州工場(仮称)を建設すると発表した。同日、鳥栖市に土地の譲渡契約を申し込んでおり、市議会の議決を経て7月に正式に決定する見通し。土地の取得費は約91億円を見込む。新工場は26年に操業を開始する予定で、九州や中国地方にビールやノンアルコール飲料などを出荷する。...

残り 704文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR