オスプレイ巡り協定の見直し方向性「9月までに判断」 県有明海漁協組合長

 陸上自衛隊の輸送機オスプレイ佐賀空港配備計画を巡り、佐賀県有明海漁協の西久保敏組合長は24日、空港の自衛隊共用を認めない協定の見直しについて、「次のノリ漁期が始まる9月までには方向性を決めたい」との見解を示した。同日あった漁協の通常総代会後、記者団の取材に答えた。

 漁協は昨年11月、配備予定地の価...

残り 180文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

開催中

天神文化塾

  • 2022年8月18日(木)
  • 西日本新聞TNC文化サークル

PR