JA対馬の不正流用、損害総額22億円超に

 対馬農業協同組合(JA対馬、長崎県対馬市)は24日、元男性職員(2019年に死亡)による共済金不正流用問題で、新たに5億6200万円の流用が確認され、流用総額は22億1900万円に上ると発表した。

 JA対馬によると、元職員は10~18年度、契約者に無断で共済契約を解約して払戻金を自身や親族の口座...

残り 136文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR