悩める柳田3年連続2桁本塁打 「うまく打てたと思う」

 ◆ソフトバンク5-1日本ハム(24日、ペイペイドーム)

 一振りでチームを首位に再浮上させた。初回1死二塁。ソフトバンク柳田が、上沢の内角低めスライダーを巧みにすくい上げた。打った本人も相手バッテリーも見上げた打球は、タカ党が陣取る右翼ポール際席に着弾。大きなストライドでダイヤモンドを一周すると、ベンチでナインと喜びを分かち合った。

 「うまく打てたと思う」と振り返った先制10号2ラン。3年連続9度目のシーズン2桁本塁打でもあり、いつも以上に笑みがはじけた。前カードのオリックス2連戦は連敗。ともに1安打ずつだった主砲は、若手中心のピックアップ練習だった23日、本拠地を訪れて打撃練習やウエートトレーニングで汗を流した。

 「(23日は)汗かいたくらい。完全に休むと体が重くなるので」と話したが、今季から務める主将の責任感が顔ににじむ。本塁打はようやく2桁に乗ったものの、打率は2割5分1厘。王会長からも「今までやってきた自分を信じろ」と助言を受け「どうすべきかを自分で考えながらやっている」と、試行錯誤しながらもチームの勝利のために全力を尽くしている。

 柳田の一発で勢いづいた打線は中盤までに5点を奪い、エース千賀が緊急降板した中でも連敗をストップさせた。「柳田が打ってくれたのでチームは勢いがつきますよね」と藤本監督。首位に返り咲いたチームが、柳田とともに上昇気流に乗る。 (倉成孝史)

関連記事

PR

PR