カネミ油症の次世代調査、来年6月にも報告書 厚労省の研究班

 西日本一帯で1968年に起きた食品公害「カネミ油症」に関し、厚生労働省の全国油症治療研究班が患者向けに研究内容を説明する油症対策委員会が24日、福岡市であった。患者団体によると、認定患者の子や孫を調べる初の「次世代調査」について、研究班は来年6月にも報告書を示す方針を伝えた。

 次世代調査を巡って...

残り 211文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR