核禁条約会議閉幕、長崎の被爆者「ここからスタート」 日本政府へ批判も

 「核なき世界」に向けて行動を呼びかけるウィーン宣言を採択した核兵器禁止条約第1回締約国会議の閉幕から一夜明けた24日、長崎の被爆者は「核兵器廃絶に一歩進んだ」と成果を評価する一方、オブザーバー参加を見送った日本政府の対応を批判した。

 長崎原爆被災者協議会の田中重光会長(81)は「ここからがスター...

残り 715文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR