アッカンベー 川原田七穂実

 休日の午後、惰眠をむさぼっていると、ふいに名前を呼ばれて飛び起きた。「覚えんで寝とったね」。母が枕元に立っていた。仏さんになって夢枕に立っていたわけではない。本人である。拙宅のカギを持っているので、何かしら用事を思いつくと、このように勝手に上がり込んで私を驚かせて楽しむ。

 80歳を過ぎてもちょこ...

残り 474文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

関門よさこい大会

  • 2022年8月20日(土)
  • 門司港駅前広場、親水広場、山口県下関市のカモンワーフ、唐戸ふれあい広場の4会場

PR