「大いに希望を」社長の一言 【Happy21の子どもたち12】

 「これからはオリジナルな人が生きやすくなる社会にどんどん変わっていきます。大いに希望を持ってくださいね」

 長女の凛星(りんせ)(3)が生まれて50日ほどたった頃、覚悟を決めて、勤め先の会社に「ダウン症でした」と伝えました。その時、社長にかけられた言葉です。

 「それは大変ですね」ではなく「希望を...

残り 814文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR