大崎事件、弁護団が即時抗告 「証拠評価ずさん」会見で訴え

 鹿児島県で1979年に男性の遺体が見つかった大崎事件で、殺人罪などで服役した原口アヤ子さん(95)が裁判のやり直しを求めた第4次再審請求について、原口さんの弁護団は27日、再審開始を認めなかった鹿児島地裁決定を不服として、福岡高裁宮崎支部に即時抗告を申し立てた。

 弁護団は抗告の申立書で、22日の地裁決定を「明白な誤判。『疑わしいときは請求人の利益に』という再審請求の鉄則に反している」と批判。第3次までに提出された証拠を含めた新旧全証拠の総合評価をしておらず、弁護団が今回提出した新証拠も「適切に評価していない」と指摘した。

...

残り 233文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

鹿児島県の天気予報

PR

PR