【やさしい日本語】重(おも)い  病気(びょうき)の  子(こ)どもが  家族(かぞく)と  過(す)ごせるように、屋台(やたい)が  応援(おうえん)する

福岡ふくおかの  天神てんじんには、「屋台やたい」が  43  あります。

屋台やたいとは、屋根やねが  いていて  うごかすことが  できる  ちいさな  みせです。

いろいろな  料理りょうりを  たのしむことができるので、とても  人気にんきです。

天神てんじんの  屋台やたいは  いま、「募金ぼきんばこ」を  いています。

おもい  病気びょうきの  どもが、家族かぞくと  ごすことが  できる  建物たてものを  つくるための  おかねを  あつめています。

建物たてものを  つくるために  頑張がんばっている  おきゃくさんを、屋台やたいの  ひとたちが  応援おうえんしています。

建物たてものを  つくるのには、とても  おかねが  かかる  そうです。

屋台やたいには  福岡ふくおかの  ひとも  観光客かんこうきゃくも  たくさん  ますから、募金ぼきんが  たくさん  あつまるかも  しれません。

屋台やたいの  ひとは「福岡ふくおかに  必要ひつような  施設しせつですから、協力きょうりょくしたいです」と  はなしました。

 

もとの  記事きじは  こちら

ニュースを  む  こえを  くこともできます

関連記事

PR

開催中

上条衿 作品展

  • 2022年8月10日(水) 〜 2022年8月16日(火)
  • ジュンク堂福岡店2階MARUZENギャラリー

PR