【動画】日なたぼっこが大好き!

【海きら日記】クラゲ・魚類課の泉徹耶さん(37)

 ニホンイシガメは日本の固有種で、九州をはじめ広く分布しています。体は雄よりも雌の方が大きく、雄は10~15センチ、雌が25センチほど。ひと昔前までは、川や用水路などでよく見ることができました。しかし、河川の護岸工事といった開発が進み、生息地が破壊されるなどして数が減少。今は環境省の準絶滅危惧種となっています。...

残り 281文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

長崎県の天気予報

PR

PR