土砂・洪水氾濫の被害予測 砂防施設を効果的に配置へ 福岡県が全国初の指針 

 豪雨で山の土砂が河川に堆積し、泥水が周囲にあふれる「土砂・洪水氾濫」の被害を防ぐため、福岡県が国土交通省国土技術政策総合研究所(茨城県つくば市)と連携し、県独自の対策ガイドラインを策定した。2017年7月の九州豪雨を受け、災害時の土砂の流れを予測した上で砂防施設を効果的に配置するのが狙い。全国の都...

残り 610文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

関門よさこい大会

  • 2022年8月20日(土)
  • 門司港駅前広場、親水広場、山口県下関市のカモンワーフ、唐戸ふれあい広場の4会場

PR