ゆりかごの先へ

 「病院に『捨て子保護箱』」。2006年11月10日の本紙朝刊の見出しだ。親が育てられない乳幼児を匿名で受け入れる設備「こうのとりのゆりかご」を、熊本市の慈恵病院が開設するというニュース。紙面を製作した際、分かりやすい一方で言葉がきついこともあり、デスクと激しい議論になった記憶がある。

 ゆりかごを...

残り 241文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

開催中

上条衿 作品展

  • 2022年8月10日(水) 〜 2022年8月16日(火)
  • ジュンク堂福岡店2階MARUZENギャラリー

PR