日曜画家の年金生活【老いこそアート6】 アンリ・ルソー

 パリの税関職員として22年間勤める傍ら、余暇に絵を描いていた日曜画家のアンリ・ルソー(1844~1910年)。世界的に知られた代表作の数々は、税関を退職して早々に年金生活に入っていた50代で描いた作品でした。

 ルソーのようにアカデミックな美術教育を受けていない画家たちは「素朴派」と呼ばれました。...

残り 597文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

関門よさこい大会

  • 2022年8月20日(土)
  • 門司港駅前広場、親水広場、山口県下関市のカモンワーフ、唐戸ふれあい広場の4会場

PR