日田彦山線BRTの停車駅は37駅 JR九州が計画発表

 JR九州は30日、2023年夏に開業予定の日田彦山線BRT(バス高速輸送システム)の停車駅を37駅とする計画を発表した。17年の九州豪雨で被災する前のJR日田彦山線の鉄道は12駅だったが、新たに25駅加える。学校や医療機関、商業施設の近くに駅を設け、住民の利便性向上を図る。

 新駅は地域住民からの要望などを参考に決めた。一般道を走る区間では地元医療機関に近い「畑川」(福岡県添田町)や、児童、生徒の利用を見込んだ「大明小中学校前」(大分県日田市)などの駅を新設。専用道区間に設ける「棚田親水公園」(福岡県東峰村)は観光客の利用も想定する。

...

残り 186文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

関門よさこい大会

  • 2022年8月20日(土)
  • 門司港駅前広場、親水広場、山口県下関市のカモンワーフ、唐戸ふれあい広場の4会場

PR