旦過市場再整備は大幅変更なし 北九州市、被災飲食店街は独自に復旧

 4月に大規模火災に見舞われた北九州市小倉北区の旦過市場で、昨年度から市が進める再整備事業を巡り、北橋健治市長は30日、被災した市場そばの飲食店街「新旦過」の地権者が事業に加わらず、独自に復旧に取り組む意向を固めたことを明らかにした。再整備は、大幅な計画変更なく進む見通しとなった。

 新旦過は再整備の対象外だったが、火災後、被災店主らから旦過市場との一体的な再整備を求める声が上がっていた。市によると、6月24日に新旦過一帯の土地を所有する地元の不動産会社「昭和土地建物」から独自復旧の意向が伝えられたという。

...

残り 141文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR