終電くり上げ、快速走らず…JR九州のダイヤ改正、筑後に波紋

 JR九州が発表した今年9月23日のダイヤ改正では、筑後地区でも列車本数が減り、日中時間帯に快速が走らなくなるほか、最終も繰り上げられるなど、大きな影響が出る。関係自治体には波紋が広がっている。JR九州によると、コロナ禍で乗客数が減少し、現在もコロナ禍前の水準には回復していない。このため「利用状況を反映して運行体系を見直す」と説明する。

...

残り 555文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR