ホークス、1日の西武戦も延期 新型コロナ感染相次ぎ

 プロ野球ソフトバンク新型コロナウイルス感染者が相次いでいることを受け、日本野球機構(NPB)と12球団は30日、オンラインで臨時実行委員会を開催し、7月1日の西武-ソフトバンク戦(ベルーナドーム)の延期を決めた。感染拡大を防ぐためで、ソフトバンクは6月29日のロッテ戦に続く延期となった。

 ソフトバンクは25~29日に1軍選手、コーチ、スタッフの計18人の感染が判明したが、30日は1軍関係者に新たな陽性者はいなかった。NPBの井原事務局長は「明日(1日)のPCR検査で陰性を確認できた選手は(福岡から)移動する。少なくとも3日以上の陰性確認なのでリスクは相当軽減される。試合(2日の西武戦)の挙行につなげたい」と話した。

関連記事

PR

PR