静かに満ちる平和への祈り 九州の二大音楽祭で実感した存在意義

 5月に閉幕した第27回宮崎国際音楽祭と開催中の第22回別府アルゲリッチ音楽祭。春から初夏にかけて続く九州の二大音楽祭は、新型コロナウイルス禍や、ロシアのウクライナ侵攻などで深まる国内外の混迷の中で幕を開け、ファンを歓待した。平和への祈りに満ちた演奏の連続に、音楽の祭典の存在意義を実感した。 (丸田みずほ)...

残り 1953文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

大分県の天気予報

PR

PR