首位・鹿児島との九州ダービーへ虎視眈々 【熱々ギ論。】島田徹

 6月26日のJ3リーグ第14節の讃岐戦で10試合ぶりの勝利を挙げたギラヴァンツ北九州。前半に佐藤亮が挙げた1点を守り切って手にした久しぶりの勝利にさまざまな「つながり」を感じた。

 佐藤の得点は河野貴志の自陣からの縦パスから始まり、主将の前川大河のヘッド、それを左サイドで受けた高沢優也の中央に抜け出た六平光成への丁寧なスルーパス。そして六平から佐藤への優しいラストパスと5人の選手の意図とイメージがうまくつながって奪った見事な得点だった。

...

残り 812文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

天神文化塾

  • 2022年8月18日(木)
  • 西日本新聞TNC文化サークル

PR