全国に広がる北九州発のまちづくり 遊休不動産を再生、新たな彩りに

【まちを描く 北九州のリノベーション⑤】

 「『文化』を共通言語として、人と人がつながる場所にします」。5月29日、大阪府高石市の市役所。全国から集まった13人が3チームに分かれて順に発表していた。2003年から使われていなかった市の旧保健センターの活用法を考える「リノベーションスクール」の公開プレゼンテーションだ。

...

残り 1022文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

天神文化塾

  • 2022年8月18日(木)
  • 西日本新聞TNC文化サークル

PR