福岡トライアスロン支えたボランティア300人 学生や障害者参加

 福岡市東区志賀島を舞台に6月26日に開かれた「福岡トライアスロン2022」(実行委員会主催、西日本新聞社、TNCテレビ西日本共催)では、住民や障害者、学生などのボランティア約300人がレースを支えた。「いろんな立場の人が加わることで、ボランティアに参加しやすい大会だと認知してもらえれば」と実行委は定着を期待する。

...

残り 342文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR