HKT48の1期生松岡菜摘が卒業発表 「次のステップへ」8月31日卒業公演

 HKT48の1期生でチームHキャプテンの松岡菜摘(25)が2日、福岡市の「西日本シティ銀行 HKT48劇場」で開かれた公演でグループからの卒業を発表した。8月31日に卒業公演を行う。

 終演間際に「少し時間をいただいていいですか」と切り出した。「15歳からHKTに入って大好きなグループの歴史を見守ってきて、今年26歳になるので、次のステップに進むために決心しました」と、声を詰まらせながら報告した。「大好きなので『まだ(HKTに)いたいな』とか『6期生は大丈夫かな』とか、心配はあるけど、横を見ると頼もしい後輩がたくさん。あと2カ月くらい、みんなと一緒に楽しい思い出をつくりたい」と続けた。

 長年グループを支え続けた大黒柱の卒業発表。あっけにとられたように静まりかえる劇場で、渡部愛加里は「なっちゃん(松岡)はたくさんHKT48を引っ張ってくれた。次は私たちの番だと思うので、少しでもなっちゃんが安心して卒業できるように、最後までかっこいい背中をたくさん見て成長したい」と前を向いた。終演後、仲の良い坂口理子は決断を受け止めるかのように笑顔で松岡を抱きしめた。

 松岡は2011年11月26日、1期生としてデビュー。当初からシングルCDの表題曲を歌う「選抜」メンバーとしてグループの最前線で活躍してきた。16年の7月に穴井千尋からチームHキャプテンを引き継ぎ、グループ全体をけん引。指原莉乃らの卒業後は、精神的な支柱にもなった。身長160センチを超えるメンバーを集めてモデル系ユニット「Chou(シュー)」を結成し活動の幅を広げた。松岡の卒業後、1期生は下野由貴と本村碧唯の2人になる。

 (古川泰裕)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

開催中

はかた夏まつり2022

  • 2022年8月10日(水) 〜 2022年8月15日(月)
  • JR博多駅前広場(賑わい交流空間)

PR