姿変えた球磨川と共に生きる 熊本豪雨から2年、ラフティング全面再開

 2020年の熊本豪雨で球磨川に大量に流れ込んだ土砂やがれきは、川の姿も大きく変えた。水害以来、川底の調査や危険物の撤去を担うのは、ゴムボートで川下りを楽しむレジャー「ラフティング」を営む被災地の事業者だ。たびたび氾濫する暴れ川は、流域の暮らしを支える観光資源でもある。この2年、彼らは日々、川と向き...

残り 842文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

開催中

はかた夏まつり2022

  • 2022年8月10日(水) 〜 2022年8月15日(月)
  • JR博多駅前広場(賑わい交流空間)

PR