強豪に「一泡吹かせようと」 【熱球】

伝習館3年・秋葉健亮投手

 延長十回表に味方が2点を勝ち越した。だがその裏に2死二、三塁のピンチを招く。1人で投げ抜いた135球目で遊ゴロに打ち取り、初戦突破を決めた。

 相手は私立の強豪・九産大九産。背番号1は前日に渡された。「相手が強いのは分かっていた。一泡吹かせようと思った」。9安打を浴び、5四死球を許したが、気持ちで...

残り 252文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

開催中

上条衿 作品展

  • 2022年8月10日(水) 〜 2022年8月16日(火)
  • ジュンク堂福岡店2階MARUZENギャラリー

PR