「おばさん、どこにいるの」残された家に花供え 熊本豪雨なお2人不明

 熊本豪雨では、2年がたった今も2人が行方不明のままになっている。球磨川沿いの自宅で濁流にのまれたとみられる芦北町天月の城幸恵さん=当時(89)=もその一人。「せめて遺品だけでも見つかってほしい」。毎月、自宅跡に足を運ぶおいの文博さん(75)と妻裕子さん(73)は、喪失感に苦しむ日々を過ごす。

 文博さん夫妻は3日午前、窓や内壁が剥がれた幸恵さん方の居間に花を供えた。「もう2年になるよ。今どこにいるの」。手を合わせ、優しく語りかけた。

...

残り 640文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

熊本県の天気予報

PR

開催中

天神文化塾

  • 2022年8月18日(木)
  • 西日本新聞TNC文化サークル

PR