周東、初回に先制3号 3戦連続のマルチ安打

 ◆西武0-3ソフトバンク(3日、ベルーナドーム)

 周東が価値ある決勝弾を放った。初回1死、与座の内角高めスライダーをすくい上げ、右翼ポール際に先制の3号ソロ。「うまくタイミングを合わせられた」と下手投げの右腕を攻略すると、1点リードの三回2死二塁でも右前適時打。3試合連続のマルチ安打を記録し、打率は3割7分5厘に上昇した。

 本塁打数も自己最多だった昨年に並んだが「あまり意識せず、ヒットにつなげる」と強調した。

関連記事

PR

PR