全九州高校剣道、熊本勢が男女団体制す

 剣道の第69回全九州高校大会は最終日の3日、福岡県久留米市の久留米総合スポーツセンターで男女の団体戦と個人戦の決勝までが行われた。団体戦男子は九州学院(熊本)が福岡第一を破って2年連続15度目の優勝。女子は八代白百合学園(熊本)が三養基(佐賀)に勝利し、22年ぶり2度目の頂点に輝いた。個人戦男子は島原(長崎)の長崎祥太郎(3年)、女子は中村学園女子(福岡)の池田胡春(3年)がそれぞれ初優勝した。

 九州学院・米田敏郎監督「実戦不足の中、手探りでチームをつくってきた。勝ちきることができてホッとしています」

 八代白百合学園・沢田武秀監督「予選リーグ、決勝トーナメントともにリードして試合を進められた。選手がそれぞれ少しずつ力を付けてきている」

 島原・長崎祥太郎「チームが団体戦で敗れた悔しさを個人戦にぶつけた。絶対勝つという気迫で相手を上回ることができた」

関連記事

熊本県の天気予報

PR

開催中

はかた夏まつり2022

  • 2022年8月10日(水) 〜 2022年8月15日(月)
  • JR博多駅前広場(賑わい交流空間)

PR