手鏡【寝室と運動場 松原俊太郎39】

 「占いが好き」と画面越しの相手が言った。「手相は?」と返すと、「手相も見てもらうけど、どの線が何かは知らない」と言う。「自分もよく手を見る」と自分の手相を画面に映して生命線やら運命線やらを解説していると、別の人が画面越しに、「手をじっと見てるひとはもうすぐ死ぬって言いますよね、手鏡って」と言った。...

残り 798文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR