「江戸の人々も山笠を愛した」ヤマの“古文書”を読み解く

 福岡市西区姪の浜の元市職員岩橋剛さん(74)が、江戸後期の古文書「博多瓦町中村家伝来博多祇園山笠番付」(市博物館収蔵)に記された山笠関連の描写を抜粋して解説を加え、当時の山笠事情を物語る冊子「古文書に見る博多祇園山笠-『山笠番付』を読み解く」にまとめた。

 岩橋さんは市教育委員会勤務時に市民向けの...

残り 636文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

開催中

はかた夏まつり2022

  • 2022年8月10日(水) 〜 2022年8月15日(月)
  • JR博多駅前広場(賑わい交流空間)

PR