真颯館、常磐、高陵が3回戦進出 高校野球福岡大会

 第104回全国高校野球選手権福岡大会2日目の4日、北九州・京築勢は5校が出場し、シード校の真颯館のほか、常磐と高稜が3回戦進出を決めた。

 真颯館と慶成の地元対決は、真颯館が山田賢郎選手の本塁打など長打を重ねて8-3で制した。慶成は三回に3得点したリードを保てなかった。

 常磐は行橋を相手に、四回...

残り 99文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR