「来年の夏は1勝」後輩に託したグラウンド【熱球】

久留米学園3年・坂口栄音主将

 1~3年で部員は計12人。少人数で挑んだ夏だった。目指したのは、守備を大切にする野球。新チームとなった昨年、現3年の5人で話し合い「おまえならみんなが付いてくる」と主将に選ばれた。数が少ないからこそ、ムードメーカーとしてチームを盛り上げようと決めた。

 四回裏、味方の失策から2死一、二塁のピンチを...

残り 203文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR