「全員野球」のはずが…隣接市町で法廷闘争にも発展した水害対策

 大規模な水害が相次ぐ中、国はダムや堤防といった従来の公共事業に加え、遊水地の整備や土地利用規制などの対策を総動員する「流域治水」へかじを切った。本流や支流の洪水対策に自治体や企業、住民などと協力する、いわば「全員野球」(国土交通省幹部)の取り組みだが、自治体間では利害の対立も。河川の縦割り管理に、...

残り 1468文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

PR