【記者がラジオに出演しました!】「ツール・ド・九州」観光需要回復の起爆剤に コース整備、旅行商品…準備着々

 【FM福岡の「あな特GOW!!支局」で記者が記事を解説(7月19日放送)】

再生ボタンを押すとポッドキャストで音声が聴けます。無料です。

 自転車のプロ選手が九州を走る国際レース「ツール・ド・九州」の初回大会(2023年10月)に向けた準備が進んでいる。九州経済連合会などでつくる実行委員会が主催し、福岡、熊本、大分の3県が舞台となる。関係者は新型コロナウイルス禍で落ち込んだ観光需要回復の起爆剤にしようと、大会コースの整備や旅行商品の企画に注力。一方、企業から資金協力を得られるかなど課題も見えてきた。...

残り 1493文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR