球磨村・神瀬地区で合同法要 

 住民3人が犠牲になった球磨村の神瀬地区では4日、住民主催の合同法要が行われ、豪雨時に氾濫した球磨川の支流に約40人が花を流して追悼した。

 発案した地元寺院の岩崎哲秀住職(48)が、特別養護老人ホーム「千寿園」で亡くなった地区出身者4人を含む7人の名前を一人一人読み上げ、「復興のきざしは一向に見え...

残り 638文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

熊本県の天気予報

PR

PR