篠栗5歳餓死裁判、母親側が控訴 「ママ友支配の影響」考慮求める

 福岡県篠栗町で2020年、5歳の三男を餓死させたとして、保護責任者遺棄致死罪に問われた母親の碇(いかり)利恵被告(40)の弁護人が、懲役5年(求刑懲役10年)の福岡地裁の裁判員裁判判決を不服として控訴した。1日付。

 6月17日の地裁判決は、共犯として同罪などで起訴された「ママ友」の赤堀恵美子被告...

残り 260文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

福岡県の天気予報

PR

開催中

はかた夏まつり2022

  • 2022年8月10日(水) 〜 2022年8月15日(月)
  • JR博多駅前広場(賑わい交流空間)

PR