燃え尽きた130球…無念の降板も成長を実感

直方3年・大田伊織投手

 燃え尽きたように投げきった。七回、130球目を投じると足がつり、無念の降板。ベンチに下がり、悔し涙が止まらなかった。

 昨年の大会では代走要員だったが、「肩の強さを生かしてみたらどうだ」。父誉仁(じゅんじ)さん(45)の一言をきっかけに投手に転向した。

 3人兄弟の次男。「とても真面目」という...

残り 259文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR