梅雨前線「復活」の過去も…予報官の憂鬱と速報値

防犯速報おじさんの「福岡見張り番」43

 「あくまでも『梅雨入りしたとみられる』という表現にしてください。確定時に変わるかもしれません」「梅雨明けも同じです。くれぐれもよろしく」

 福岡管区気象台を担当した頃、梅雨入りと梅雨明けの取材で訪れるたび、予報官から口酸っぱく言われた言葉です。

 「なぜ、そんな持って回った言い方を…」と質問した...

残り 1321文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

福岡県の天気予報

PR

PR