今夏の電力需給逼迫 佐賀県が対策会議で節電を呼びかけ 

 今夏の電力需給の厳しい見通しを受け、佐賀県は6日、電力需給対策会議を開き、県庁内で節電に取り組み、県民や企業にも協力を呼びかけることを確認した。

 今夏は電力の供給余力を示す予備率が九州は3・7%になる見通し。安定供給には3%が最低限必要とされ、九州電力は節電を呼びかけている。

 対策会議の開催は8年...

残り 266文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

佐賀県の天気予報

PR

PR