山岸、後半唯一のシュートで決勝弾 3バック奏功、J1福岡6戦ぶり勝利

 福岡が後半唯一のシュートを得点に結び付けた。後半7分、自陣でスローインを受けた山岸が前線のルキアンにロングパスを出すと、すぐさま駆け上がり、再びパスを受けて右足で決めた。

 自身3試合ぶりの得点が決勝点となり「後半1本でもチャンスがあれば決めようと思っていた」。J1G大阪からオファーを受けながら「福岡でまだ何も成し遂げていない」と残留を表明したストライカーが6試合ぶりの勝利をもたらした。

 先制点の流れをつくったのは、チームの持ち味だったはずの堅守だ。前節までの3試合で計8失点だった福岡はセンターバックの人数を本来の2人から3人に増やす「3バック」を2試合ぶりに採用。磐田と同じ布陣にすることで相手の位置取りを把握しやすくし、サイド攻撃を封じた。試合前やハーフタイムには長谷部監督が「前半0-0でもOK」と守備の意識を高め、4試合ぶりの無失点と立て直した。

 今季、先制した試合は5勝2分け。主将の前は「今後も、らしさを失わないようにできたら」。残留争いから抜け出し、さらに上位へ。堅守速攻のスタイルと勝ちパターンを取り戻したのは大きい。 (末継智章)

関連記事

福岡県の天気予報

PR

関門よさこい大会

  • 2022年8月20日(土)
  • 門司港駅前広場、親水広場、山口県下関市のカモンワーフ、唐戸ふれあい広場の4会場

PR