短命の画家【老いこそアート7】 フィンセント・ファン・ゴッホ

 老年になっても活躍を続けた画家の人生を紹介してきましたが、ここで一人、短命の画家を取り上げたいと思います。命を注ぎ込むように絵を描き苦悩した画家、フィンセント・ファン・ゴッホです。

 「ひまわり」で知られる彼が最期に描いたのはアーモンドの花でした。日本でいう梅花にあたり、春の訪れに咲きます。不器用...

残り 650文字

この記事は会員限定です。

月額1,100円で、全ての記事が読み放題。
今すぐ無料トライアルで続きを読もう。

ビューアアイコン

すべての記事が読み放題

特集が読み放題

記者渾身の特集が読み放題

会員特典

福岡で使える会員特典 プレミアムコース

関連記事

PR

PR